『インダストリア』&『あとりえ リトル☆スノー』談話室  ネチケットを守って楽しく会話しましょう♪(^0^)/

小雪村の囲炉裏庵

197964
画像は500KBまで。メールアドレスはスバム防止のために入力しないことをお勧めします。親記事に対しての返信は5~6つを目安に新しく親記事を立ててください。話題が前後しないよう古い記事に返信する場合にも新しく親記事を立ててください。ネットマナーを守りましょう。管理人が不適切と判断した書き込みはスパッと削除いたします。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

あと50本 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/22 (Sat) 23:33:28

18ミリφのブランコのバーを作陶中。
今日は調子が良くて、作陶中にゲリってトイレに駆け込んだのは1度だけですんだ。ヽ(^。^)ノ
1日10本づつを目標にしていたのだけれど、20本も作ったから疲れたびー。
明日は腰と肩と腕が痛くなるな。
手もバッサバサに荒れてしまったから、一旦休もうっと。

救護対象外になっている鳥 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/19 (Wed) 23:08:39

県の鳥獣保護センターに電話したとき、ハトとスズメは保護の対象外と聞いていたので、他に何の鳥がいるのか調べてみました。

-----------------------------------------------------
[幼傷病野生鳥獣の救護対象外について]
鳥類:ハシブトガラス、ハシボソガラス、カルガモ、スズメ、ヒヨドリ、キジバト、ムクドリ、カワウ、アオサギ、カワラバト(ドバト)、ゴイサギ、ニュウナイスズメ、マガモ
-----------------------------------------------------


巣立ち前のヒナの場合は落下しただけなので、巣に戻せない場合は、落ちていた元の場所に戻すまで、一時的に保護&育雛(いくすう)することは可能だそうです。

しかし、他の人の記事を読むと、たいていは落鳥させてしまうケースが多く、巣立ちまで成功させられる人は、育雛する時間があって、度重なる失敗から学んだ経験豊富なスペシャリストくらいです。

子すずめの保護&育雛は無謀な試みだったけど、たくさんのことを学ばせてもらったのも事実なので、結果は失敗したけれど、これはこれで良かったんだと、やっと心の底から思えるようになりました。

Re: 救護対象外になっている鳥 - kiyoko

2017/04/21 (Fri) 17:45:14

幼傷病野生鳥獣の救護対象外の鳥って意外と多いのですね~
カルガモやアオサギなんかもそうなんですね。

チュンちゃんのこと、小雪さんが「これでよかったんだ」と思えるようになってよかったです。

庭のモッコウバラが満開です♪

Re: 救護対象外になっている鳥 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/21 (Fri) 21:07:47

kiyokoさん

カラスはともかく、カルガモは親子連れの映像とか「かわいい~!!」と賞賛の嵐がくるくらいなのに、いたってそこら辺にフツーにいる扱いで意外でしたでしょ。
アオサギは保護外で、シロサギならOKなのかと、「え~!?」でした。
どちらも同じくらいに見るんですけどね。

チュンが★になっては、雀の鳴き声が自然と耳に入って気になったり、紙面の「おすすめ」という広告文字を見ただけで「すずめ」に見えたり、後遺症が残ってるー!と苦笑しましたよ。( ̄~ ̄;)

[スズメの8割は食われるために生まれる]と書いてる記事もあって、ヘビやカラスなどの捕食する側の動物も、それで命を繋いでいるのだから、それが地球の自然のあり方で数のバランスがとれていることを思うと、やたら人が介入することはできないんですよね。
米農家にとってスズメは害獣で、駆除対象になってますし。

そういうことをツラツラと思うと、チュンチュンは私と出会うことで色々教えてくれる”ご縁 ”だったんだろうなと思いました。
無事に巣立てば「あ~良かった♪あとは元気に頑張って生きてねー!」・・・で終わっていましたから。
かなりのスパルタ教育を受けた感じです。(^_^;)

モッコウバラは、ほんのりいい香りがしますよね。
kiyokoさんちのお庭は虫と鳥がたくさん集まって賑やかそう♪
この数日間は、ご心配をおかけしました。もう大丈夫です。ありがとうございました。(^v^)

ツバメの物件探し - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/19 (Wed) 21:44:59

数日前にはアシナガバチだったか?が一匹、軒下の辺りをうろうろ飛んでいたが、条件があわずに諦めた様で安心した。

今日は昼から、チュンのために1週間放置していた花柄摘みなどの庭仕事をしていた時、ツバメが2羽、うちの軒下を3箇所、ピーチクパーチク飛んで鳴きながら、数秒づつ見て回っていた。

あのおしゃべりしは、きっとこんな会話だったんだろう。

軒下A「ここどぉ?」「明るすぎてダメ!」
軒下B「ここはどうかしら?」「スペースがせますぎる!」
軒下C「ここはどうだろか?」「軒が短すぎる!」

お気に召されず、次の物件探しへと飛び去って行きました。
毎年春になると、大きな蜂が来るのは何度か見たことあったけど、ツバメが軒下に入り込んで、しっかりチェックして回る姿は初めて目撃しましたよ。

スズメもツバメも、昨今の家探しは大変よね。
特に去年の熊本地震では、古い家がたくさん壊れてしまったし、住むのに困ってるのは人間だけじゃないんだねぇ。
みんな安心して住める場所が見つかると良いな。

小鳥の病院 再予約 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/19 (Wed) 21:23:45

17日の月曜日にクロちゃんを検診すべく、小鳥の病院を予約していたのが、チュンチュンの危篤でキャンセルして、今日、予約の取りなおしをしたら最短で5月1日だと・・・。
2週間待ちとはビックリよ!

鳥も、鳥の病院も、それだけ人気がでたということなのね。みんな大事に飼われているのだなぁ。

チュンロス中 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 23:42:11

未だに思い出すとツツーっと目と鼻から水が出てくる。

いっしょに過ごした瞬間瞬間を思い出し、アグアグ食べた時は嬉しかったなぁ。
口笛を小刻みに吹いたら、いきなり食欲が沸いて、食いつき良すぎて割り箸を離さず、釣られた状態になったことが2回あったっけ?
お口をおとなしく拭き拭きさせてくれて可愛かったなぁ。

体を掴む時にはティッシュをかぶせたら怖がることなく保定できた。
すべてが愛おしくて可愛くて、たまらなかった。
他にもたくさんの幸せもらえたなぁ。


野生の世界に戻すのだから、感情移入はしまいと誓ったのに、ダメだねぇ…。

Re: チュンロス中 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 23:44:10

度重なる不運で残念な結果になったけれど、週間天気予報を見ると、まだ最低気温が15度以下の日が10日は続く。

仮に巣立ちに成功しても、フワフワの産毛で地面での生活をするには耐えられなかっただろう。

あんなに一生懸命に仔育てに奮闘できた自分にも驚いたなぁ。
精一杯やったからこそ泣けるんだよね。

Re: チュンロス中 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 23:49:12

チュンチュンを保護する前の日に、父が畑近くのハーブを植えてある付近で、生まれて間もないスズメのヒナが死んでいたという。
その後どうした?と訪ねたら・・・
抜いた雑草の中にぶりやって、そんなことしたのも忘れて、そのままゴミ箱行きになって、もう回収されているはず…と白状した。

チュンチュンを保護した2日後には、父が散歩の途中で同じくらいのヒナを見たけど、もう放っといたと言った。
それはそれで正解だったと思う。
2羽とも育てたとしても、親鳥は自分の子しか育てないから、どの道、うちに連れてきても育てるのは無理だった。

Re: チュンロス中 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 23:52:06

いろんな境遇の仔スズメたち。
大人になれるのは2割程度という。
いろいろ考えてみたけれど、これで良かったのかもしれない・・・と思うようにしました。

今日は晴れて昼から地面もだいぶ乾いてきたので、庭の隅っこにあるドウタンツツジの下に埋めました。
今の時期は、白い花が満開でとても綺麗です。

Re: チュンロス中 - kiyoko

2017/04/19 (Wed) 10:27:33

チュンちゃん、小雪さんたちの手厚い介護の甲斐もなく逝ってしまったのですね・・
私も毎朝気になって覗いていました。
「生きています」と聞いてほっとして・・
餌も食べ始めて元気になってきたと思っていたので巣立ち出来そうだわと勝手に想像していましたが、

今の時期、特に寒さがぶり返して来たりでそれが一番の原因でしょう。
チュンちゃんも小雪さんのような方に面倒看てもらえて幸せだったと思っていますよ。
私にはとても出来ません。
鳥の飼育に詳しい小雪さんが、手を尽くされての結果なのですからおっしゃるようにほんとうにこれでよかったのですよ。

可愛かったチュンちゃんが安らかに眠れるようお祈りしました。

Re: チュンロス中 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/19 (Wed) 12:18:09

kiyokoさん

4日めの夜にちょっと弱っていたので、心配していたのですが、5日めの雨と冷えと餌不足、私の留守中の2時間が最悪な状況になってました。

母が箱を外したあとは、元通りに設置するものだと微塵にも疑うことなく任せたのが一番の原因でした。
もし相手が父ならアホな人だから、そこまで指示してましたが。母がいるなら父に頼むことは絶対しませんし。( ̄_ ̄;)

強制給餌の仕方が悪くて口を開けられなかったのが災いしたかなと、あとで調べたら爪楊枝を使っている動画を見つけて、その手があったのかー!!!!と勉強になりました。


こんなに小さいヒナを育てたのは初めてて、それも野鳥となると育て方を全く知らなくて、調べてみるとペット鳥とは大違いで驚きました。

インターネットがなかったら、保護サイトがなかったら、1日もったかな?と思います。
5日間も生きてくれて、貴重な経験と大きな感動を与えてもらって本当にチュンチュンには感謝です。

仔育て終了 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:55:11

4月17日 子スズメを保護して5日め

朝5時50分に起床。いつも通り朝6:20分頃にエサを与える。いつもより声が小さい。
昨夜12時には30度を保っていた温度計が27度になっている。明け方は気温が下がったので寒かった様。
食欲もあまりないようで、ミルワーム半分とすり餌を二口食べた。
うんち一個だした。色形は良好♪

Re: 仔育て終了 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:56:07

今日は一日雨なので、雨対策にビニールカバーの屋根付きにダンボール箱を改良し、冷え対策に穴を極力厚紙で塞ぎ、内箱にはティッシュを詰めてジェルカイロをレンジで温め準備半端。

8:30分に2度めの挿し餌をするが、ここでも少ししか食べなかった。
雨の日でも嵐でない限り、親鳥はエサを取りに行って与えるというから信じよう。

Re: 仔育て終了 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:56:45

9時。外気温は25度。カイロを温め直して仮巣を設置し、その様子を親鳥が見ていることを確認。ようやく自分の朝ご飯を食べる。

Re: 仔育て終了 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:59:03

10時。足の指のケガが治ってないようなので、母から「あの整形外科は治療する人の方が多いから、診察は少ないから早くすむよ。骨折てしたら治らんよ。はよ行っといで。」と云われたので行くことに。

出かけるときに巣箱を確認したら生きていた。表に立てかけてあるカイロとティッシュの間に寄り添い、寒そうにしていたので内側の箱の中へヒナを移動させた。

Re: 仔育て終了 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 23:02:45

10:30分。診察も混んでいたので念のために電話して、「カイロを1時間おきに温め直してほしい。」と温め方を教えてお願いしたら、「ビニールカバーの屋根が取りにくいから、一旦巣箱を外してからするね。」と言われたので、まかせて切った。

病院の帰りには、昼からのクロちゃんの動物病院での検診のためにガソリンとタイヤの空気を入れたのだが、ここでも機械やスタッフの不慣れもあって、時間がかかりヤキモキした。
こういうスムーズにいかない日って、嫌な予感がするのよね…。


12時。家に着くと巣箱が傾いている。(-_-;)? まさか! と案の定、箱の向きが逆になっていた!!
これでは親雀が出入りするスペースが閉じられて、2時間半以上はエサを食べてない。もしかすると、最初から出入り口が分からなくて親鳥は一度もエサを与えられなかったかもしれない。とすると4時間は食べてないことになる。
しかもカイロは1時間半もたって冷えている…。
エライコッチャ( ̄□ ̄;)!!!!

Re: 仔育て終了 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 23:04:51

ヒナの体が冷えている。か細い鳴き声と足が少し動いたが、かなりヤバイ状態になった!!!!
いそいでカイロを温め直し、冷えた体を温めながら動物病院に電話して予約はキャンセルし、すり餌を作って与えてみるが口を開ける気力すらないよう。
蜂蜜を薄めた補液を嘴の横に1滴つけると、2回ペロリと舐めた。
そのあとは全然、目を閉じたり開けたりするだけ。
強制給餌を試みようと、割り箸でつくったスプーンで嘴をこじ開けようとしてみたけど、できない。

保護サイトを読むと、「弱りきっている時は、まず補液」と書いてあったので、つきっきりで、割り箸に少しだけ濡らした補液を口の脇にチョンとつけることを繰り返すが、舐める様子はない。ジワッとでも口の中に染み込んでいれば良いのだけれど。 

蜂蜜だけじゃ栄養が足りないのか?と、チオビタドリンクを加えてみたら、目を開けて、ゆっくり瞬きする程度。
敷紙が塗れていることから、口には入らず流れているだけのよう。
もう最後かもしれないと、お米が好きな鳥だから、甘酒の汁を口につけてあげた。

Re: 仔育て終了 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 23:05:49

2時頃、私(上方向?)を見ている方の片目は開いているけど瞬きをしない。ひっくり返して反対の目を確認したら閉じている。寝ているだけなのか? もう息を引きとったのか?
3時まで様子をみるけど変わらないので、落鳥したと判断しました。
甘酒の味、ちゃんと味わえたのかな?

自分なりに最善を尽くしたのだけれど、今日は思わぬ所で不運が重なって、家族の協力はあったようでなかったり、巣立ちさせることができない結果になりました。

Re: 仔育て終了 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 23:08:19

気温の変動の激しい4月中旬に、巣立ち前のヒナを保護して巣立ちさせるのは至難の業だと思い知りました。

そ嚢が出っ張って見えてるのは骨の部分で、脇はペチャンコのシワシワだったことから、死因の一番の原因はエサ不足による餓死でした。

Re: 仔育て終了 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 23:15:10

●箱巣の温度をあと2度でも上げていれば。


●エサにもっと蜂蜜を加えて甘くしたら、もっと食べたかも?

●暑い昼の日用に開けた箱の通気穴が大きすぎて、夕方の冷えに耐えられなかった。千枚通しで開けるだけで良かったのに、外の景色も見せてあげたいと余計な事をしてしまった。もっとティシュを多く入れていたら防寒対策になったはず。

●父が保護当日に水を口移しで飲ませる行為をしていたから、人のバイキンが移ったのかも? 昨日は親鳥がヒナにエサをあげている所を自分の目で確認したがって、庭を何度もウロウロしたり、倉庫のシャッターが開かないのが気に入らなくて、しつこくガシャガシャ大きな音をたてなければ、親鳥がもっとエサを与えやすかった。(何度注意しても聞かないクソ親父!)

●母に電話で頼んだ時、箱に向きがあることを伝えていれば!(これが一番痛恨のミスだった。)

●整形外科へは明日にして、雨の日の今日だけは私が面倒見ていたら。

●動物病院は早くキャンセルして、ガソリンスタンドに寄らなければ・・・。
-----------------------------------------------------
反省する点が多々あって、目が腫れるまで泣きました。
力不足でごめんなさい。

Re: 仔育て終了 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 23:20:36

使った用具はすべてアルコール消毒し、箱類は片付けて、虫よけハーブのタイムを添えて、親鳥に知らせるために30分ほど玄関前に置いて、ささやかなお葬式をすませました。
午後からは嵐になったので土に埋めることが出来ず、明日まで冷凍庫で保管しています。

Re: 仔育て終了 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 23:21:16

この5日間、父と意見があわずに喧々諤々の大喧嘩の末、はしごを動かして腰が痛くなったり、アトリエが使えず仕事はできなかったり、寝不足が原因で足の指に全治4週間のケガをしたりと、いろいろ大変な事もあったけど、一生に一度あるかないかの経験を積ませてもらい、母親になれた気分も楽しめて、とても幸せだったよ。

有難う、チュンチュン。

仔育て中4 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:39:35

4月16日 子スズメを保護して4日め
朝5:50分起床 自室の部屋の温度は18度
電気ポットでお湯を沸かしている間にアトリエを床掃除して電気ファンヒーターをつける。
紺の布だけめくったら起きてチーチー鳴き出した。
糞は4~5個 

アトリエの温度は25度
エサの支度をして6:20分に給餌。
ミールワームを1匹半、チンゲンサイ入りのスリ餌に甘酒の汁とはちみつを加えたペーストは4口食べた。
一口食べた後にフンを一個。状態は良好。
昨夜より少ないなと、ティッシュで体をくるんで温めたら更に2口食べて、さらにフンを一個。
最初の給餌には30分も時間がかかった。

Re: 仔育て中4 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:40:07

自分の朝ごはんを食べていたら、またチーチー鳴き出したので、8時に給餌。
ドッグフードのササミ&ニンジンに蜂蜜を入れてあげたけど、一口たべたら気に食わなかったらしく食べない。
ミールワームを1匹だけ。まだ鳴くのでメジロのすり餌だけを練ってあげたら一口たべた。
新鮮な青菜入りの方が食いつきが良いな。
あんまり食べさせると親からもらえないので、このへんで終了。

Re: 仔育て中4 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:40:37

9時に昨日と同じポストの上に設置。万が一巣箱が落ちないようにざる巣の紐も柵にかけた。

庭には親鳥が2羽見張ってジージー威嚇しながらガン見していたので、位置は確認されたよう。あとは昼間で親まかせ。
今日は仮巣を出す朝9時からは玄関からの出入りは基本的に禁止したので、親鳥が行き来しているよう。

Re: 仔育て中4 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:42:02

午後1時半、仮巣の様子を見に行くと、ザル巣を抜け出して箱の方にいた! 元気にピーピー鳴いているのは良いのだけれど、まっぽし見えすぎとちゃう?(-_-;)
フンを確認するためにザルの中に手入れてキッチンペーパーをめくったら、怖がって後ろの隅っこまで走って逃げた。
ちょうど箱とザルの間の狭い空間で暗くて見えにくい。
夕方からは西日が差し込んでくるので、晒布を一枚上から箱の半分ほどを掛けた。
親鳥がエサを持ってきたときだけ表に出るだろう。


3時に仮巣を確認。西日はまだちょっとしか当たってない。温度計は32度。またザル裏の隅っこにいた。
アトリエの窓を開けると、ガサゴソ歩く音と鳴き声が聞こえる。アトリエからレースのカーテン越しに日当たりと生存確認ができるようになった♪

Re: 仔育て中4 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:44:30

4時植木鉢に水をやり、クロちゃんの掃除を終えて子スズメの様子を見る。
箱が斜めになっている!!( ̄Д ̄;)
テープが剥がれてきたので、上から重ねてしっかり固定した。
箱にカッターで開けた四角い空気穴が、ちょうど良い塩梅の窓になって、除けば中の様子がかろうじて見え、声をかければ子スズメも外を見ににやってくる。
-----------------------------------------------------

5時頃。気温は27度もあるけれど、風が強く冷たくなってきた。
今日はちょっと早いが5時半に収納。
そ嚢は膨らんでいるしエサをねだることもない。
雛の成長にあわせるのと、落ちない工夫と明日の雨対策のために、ダンボール巣箱を改良した。
今日は朝から夕方まで、親鳥だけで給餌したので、明日も大丈夫だろう。

Re: 仔育て中4 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:46:10

6時。あんまり動かないし、足に力が入らないよう。
とりあえずエサを与えてみるが、食べようとしない。
-----------------------------------------------------

7時。そ嚢は膨らんだりペチャンコに見えたり、どっちかよく分からないので、もう一度与えてみたけどミールワーム半分と、すり餌を一口たべただけ。
さっきより足に力が入らず、転んでもなかなか立てない。
眠いから? エサが足りない? 栄養不足? 寒かった?
お腹とそ嚢が見えたので、チェックするために写真を撮って拡大して見ると、そ嚢はちょっとは膨らんでいたから寒いらしい。
気温は28度もあるけど、電気アンカの上にしばらく箱巣に入れて晒布を一枚かけ、30度の薄暗い状態にしたまま様子を見ることに。

Re: 仔育て中4 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:47:28

夜7時半。チーチー鳴き声が聞こえてきた。
温めたことで元気がでてきてお腹すいたのね。
ご飯あげなくちゃ!と急いで給餌した。

クロちゃん、アトリエまで肩に乗って離れずについてきた。
ヒナをガン見してピャーピャー鳴いたり、ヒナの食事中は「うまそう~!」とこれもまたガン見して、ヒナ用の食器を洗っている時も、食器をガン見していました。
この食器で水を飲みたいのか?メジロのすり餌とミールワームを食べてみたいのか?
ひとが食べているものを、すぐ欲しがるという。(笑)

Re: 仔育て中4 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:48:33

11時。温度計チェック。27度とちょっと冷えてきたのでスキマを布で半分かけた。
ヒナの寝ている姿はこうなのね。カワイイ♪(^^)

案山子まつり♪ - kiyoko

2017/04/17 (Mon) 23:02:37

スズメの子はもうこのまま順調に育って巣立ちするでしょうね。

主人が天草で案山子まつりの様子を撮って来てくれました♪
土曜日から「牛深ハイヤ祭り」の撮影に行ってたのですが、夕方、突然の雨が降って来てパレードは中止になったそうです。
翌日の船は出たそうです。
友達と二人で行って寝袋で車中泊でした♪

Re: 案山子まつり♪ - kiyoko

2017/04/17 (Mon) 23:03:16

もう一枚♪

Re: 案山子まつり♪ - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:35:26

kiyokoさん

天草のカカシ!! ニュースで見ましたよ。
なんだかだんだん規模がでかくなって、とうとう祭りにまで発展したんですね。(^▽^)

今の時期の車中泊だと、少し寒かったでしょう。
1年前の熊本地震とのきは、車中泊したときは寒かったし、えらいキッツイ目にあいました。

子スズメの事は、このあと書きますね。

仔育て中4-0 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/16 (Sun) 23:26:24

とりあえず、まだ生きてます♪

飼育日記はメモ帳に保存して、写真をPCにインポートまでしましたが、画像の色補正と記事の投稿に時間がかかりそうなので、また後日あらためて公開します。

Re: 仔育て中4-0 - ひつじ

2017/04/18 (Tue) 09:33:32

小雪さんおはよぉ~
小雪さんが拾った子は、かなり小さい子だったから、ちょっと育児の手伝いをするのは仕方が無かったですね。

動画を観ていたら、飛ぶ練習中の小雀を、可愛そうと拾ってしまうのは、誘拐と同じと言うのもありました。
親がちゃんと、飛ぶ練習させていて、見守っているのを横から来て、連れ去ってしまう行為なのだと・・・

言われたら確かにでした。数羽いると、必ずほかの子より遅れてしまう子がいるのよね。
でも野生の生き物は、育児上手で、過保護には育てませんね。



夏日だったのが、昨日から真夏日になり、夕方のエアコンは必須となりました。
今日も又小雨の朝でしたが、上がったので昼間は真夏日で30℃近くなるようです。

もう完全に真夏服一歩手前で過ごしています。
熱中症が一番多くなる陽気だとか、ちょっと前にもう熱中症になって救急搬送ニュースを見ました。

Re: 仔育て中4-0 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/18 (Tue) 22:28:55

ひつじさん

ツバメの保護も多いようですね。
巣立ちはツバメとスズメじゃえらい違いがあるとかで、スズメの場合は”垂直落下”したあと、飛ぶ練習が終わるまでは地面で暮らすそうなんですよ。

巣立ちが早い子は、私が保護したヒナより、ちょっと大きいくらいの場合があるということで、スズメっ子クラブのホムペの写真と見比べて、まだちょっと早いから落ちた子だと判断しました。

寒い時期だとほっとくと凍え死ぬし、溝に落ちていたら自分では脱出できないから、すくい上げるくらいの手助けは必要なんですと。
「時と場合によっては保護した方が良い事もある。」と書いてる人もいましたが、私もそう思いました。

体格が親鳥と同じくらいで、全身にふわふらした毛が生えてちょっとでも飛んでるのでしたら、保護対象外なんですけどね。(^^)

鳥の健康診断 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/15 (Sat) 22:23:01

車で20分くらい近くの動物病院でスズメの糞便検査ができるか電話してみたら、野鳥は鳥インフルエンザの危険性があるので受け付けないとのこと。
子スズメの方はあきらめて、クロちゃんの健康診断と毛引きについて予約を入れました。

来週の月曜日にしたのだけれど、子スズメを巣立ちさせたあとにしたほうが良いかなぁ。
別室で飼育して、スズメを触った手や器具は、毎回薬用石鹸で洗っちゃいるけど、スズメ→私→クロちゃんと、変なバイキンがうつっているかもしれないし、潜伏期間もあるからなぁ。(-_-;)
打撲した足の指の治り具合もあるし、月曜日に電話して聞いてみよう。

足の指にはユキノシタを貼って寝ます。(^_^;)

Re: 鳥の健康診断 - kiyoko

2017/04/16 (Sun) 00:21:15

>この子はお腹がいっぱいになったら口を閉じてイヤイヤするから分かりやすく助かるわぁ♪
そんな仕草もするようになってくると可愛くってずっと飼っていたいような気がしますね。

そうですね~
野鳥は鳥インフルエンザの危険性がありましたね。
クロちゃんに移ったら大変ですよね。

足も打撲したりと大変ですね・・お大事に♪

Re: 鳥の健康診断 - 小雪@リトルスノー URL

2017/04/16 (Sun) 12:59:41

kiyokoさん

なかなかハードな生活サイクルになりました。
これで早起きの週間が着くかもしれません。(笑)

足のケガは今日は痛くないので、骨折はしていないようです。
普通に歩けるのって幸せだわぁ~♪
まだ少し腫れとうっ血してますが、ヤッソーの貼り薬で明日には治るでしょう。(^^)


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.